lekker lui liggen lezen
-
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.03.26 Monday | - | - |
『文学賞メッタ斬り!』
   著者 大森望、豊崎由美

   出版 パルコ

   価格 1,680円 発行 2004年3月

   ISBN 022579439

bk1の内容紹介:
芥川賞・直木賞から、話題のホラー小説大賞、メフィスト賞まで徹底討論。WEBマガジン『エキサイトブックス』で話題の「言いたい放題」がパワーアップ。芥川・直木賞最新結果についての緊急対談も収録。究極の文学ガイド!

 ---

本は好きだけれど、文学賞にはあまり興味がない。

賞を取っても面白くないものは面白くないし、

賞を取らなくても面白いものは面白いからだ。

(でも、自分の好きな作家が賞を取れば、それは素直に嬉しいけど)

この本を読むきっかけは、そもそもこの本が出るきっかけとなった

「エキサイトBOOKS」のコンテンツで読んで、

著者お二人の対談が、なんというかとても通俗的というか下世話というか

要は面白かったので、読んでみようと思った。

 ---

著者のお二人は、本をあれこれ評価する立場であるので、

物言いはやや高飛車というか、上からあるいは第三者的立場から見てる感じ
がするし、

「テルちゃん(宮本輝)」「ジュンちゃん(渡辺淳一)」などの言い回しは

別にファンではないけれど、やや失礼ではないかと思ったので、

あまり気持ちよく読めないんじゃないかと思ったが、それは杞憂だった。

ちょっとその道に詳しい人の薀蓄や愚痴を聞いているような、

そういう素人っぽい視点で、上手に書かれてるなぁという印象を持った。

 ---

それにしても、多くの文学賞があるものだ。

この本で取り上げられている文学賞をザッと羅列すると、

芥川龍之介賞・三島由紀夫賞・野間文芸新人賞・直木三十五賞・山本周五郎賞・文学界新人賞・群像新人賞・朝日新人文学賞・新潮新人賞・文藝賞・小説すばる新人賞・すばる新人賞・小説推理新人賞・小説現代新人賞・オール読物新人賞・オール読物推理小説新人賞・横溝正史ミステリ大賞・日本SF大賞・日本ホラー小説大賞・江戸川乱歩賞・サントリーミステリ大賞・松本清張賞・ホラーサスペンス大賞・ENIXエンターテインメントホラー大賞・学研ムー伝奇ノベル大賞・メフィスト賞・鮎川哲也賞・ファウスト賞・Next賞・KAPPA-ONE登竜門・日本ミステリー文学大賞新人賞・「このミステリーがすごい!」大賞・日本ファンタジーノベル大賞・小松左京賞・日本SF大賞新人賞・星雲賞・読売文学賞・谷崎潤一郎賞・野間文芸賞・吉川英治文学賞・日本推理作家協会賞・本格ミステリ大賞・日本ミステリー文学大賞・川端康成文学賞・泉鏡花文学賞・坪田譲治文学賞・Bunkamuraドゥマゴ文学賞……(登場順・地方賞省略)

取り上げられているだけでもこれだけある。

詩・俳句・短歌・戯曲・評論・ノンフィクション・絵本は載っていないから、

本として出版されている作品に対する賞は、もうほとんど無限である。

この本では、これらの賞の成り立ちや最近の受賞作の評価、

選考の裏話などがわかりやすく面白く書かれている。

選考委員の選評についてもあれこれ評価されているのが面白い。

業界用語やよほどの小説好きしかしらないような言葉についても、

丁寧に欄外で解説してある。その解説がまた著者独自のもので面白い。

読み終えて、自分の好きな作家があまりけなされていなかったので、ホッとした。
| 2004.08.27 Friday | comments(0) | trackbacks(5) |
-
スポンサーサイト
| 2007.03.26 Monday | - | - |









http://boek.jugem.jp/trackback/33
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/12 4:03 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/11 12:51 AM |
小説新人賞の若返りと映画
 昨今の韓国映画界の動向を見つつ、やはり日本(でつくられる)映画の未来も、映像表現者とか、シナリオを書く人が、どんどん、年々増えるかどうかにかかっているのではないか、と最近とくによく思います。そういう意味では、「なぜ19歳が?」とか「苦節○○年の人をど
| キム・シネマ・クリエイト情報ブログ! | 2005/12/22 1:25 AM |
文学賞メッタ斬り!
★本日の金言豆★ 芥川賞、直木賞などの文学賞の数は、日本国内だけでも500以上ある。
| 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 | 2005/11/11 12:06 PM |
ア・ルース・ボーイ 2003.6.X 初出
ア・ルース・フィッシュ  だらしのないやつ 仙台一高出身の作家、佐伯一麦さんの ...
| 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌 | 2005/06/19 3:19 PM |
Since:2004/08/01
■ CATEGORIES
■ NOW READING
■ RECENT ENTRIES
■ ARCHIVES
■ LINKS
■ TrackBackPeople
■ BlogPeople
■ AUTHOR
このページの先頭へ